医療とゲームについて

医療 ゲーム

医療 ゲームについて

医療とゲームについて

医療とゲームといえばあまり関連性がないようにも思えますが、最近では思わぬ方法で利用されていることもあります。
その一つがバーチャルシミュレーションとしてゲームが利用されていることです。
外科手術では人間の身体をメスを使って切除したり縫合したりしますが、こうした複雑な技術を習得するためには多くの経験が必要になります。
ですが経験の浅い医師ではそうした場所にはなかなか恵まれません。
実際の患者を手術する場合にはその患者の命がかかっているからです。
ですから患者が何のリスクもなしに外科手術の経験ができるような手段の開発が求められていたのですが、そのような時に開発されたのが外科手術のバーチャルシミュレーターです。
これはゲームなどでも利用されているポリゴンなどを使用して人間の身体の内部を三次元で表現して、それをシミュレーター内で架空のメスなどを使用して切断したりすることで手術の感覚をある程度、身につけることができます。