外科は手術のエキスパート

医療 外科

医療 外科について

外科は手術のエキスパート

医療の分野には様々な診療科目がありますが、内科にはよく通院することがあっても、外科にはなかなか通院する機会が少ないのではないでしょうか。
内科とは、身体の中の不調となっている場所を検査したり、薬などを用いて治療する場所です。
では、外科はどのような治療をするのでしょうか。
一言で言えば、身体にメスを入れる、手術を治療目的としている診療科目となります。
心臓、脳などはその名前の通りでわかりやすいですが、消化器といわれるとどこの部位か難ししくなります。
消化器は肝臓、膵臓、食道、肺、大腸、胃、胆嚢などを専門にしていることが多いです。
内科との治療の違いは、手術をすることで、病原そのものをハッキリと捉えることができているということです。
良性か悪性かの判断もつけやすくなります。
もちろん、手術のリスクもありますが、病原の確定診断を行えるということはその後の治療にも役立ちます。
手術には怖いイメージもたくさんあると思いますが、外科は手術のエキスパートです。
医師、看護師などの話を聞きましょう。
納得した上で受けることができるので、安心して手術を行えます。
しっかりと病原体を取り除きましょう。